パスワード保護されているページに行く。

このページのように、パスワードの入力をさせるページを作成しないとダメです。

 

パスワードは下層ページのURLと同じになります。

今回の場合、here です。